岩手県盛岡市 糖尿病専門医のいるクリニック

持続皮下グルコース測定のススメ

最新の検査として、持続血糖測定器(CGM)を導入しました。血糖値の変動や夜間の低血糖の有無を知ることができます。それまで測定が難しかった血糖値の変動を把握できるようになり、より適切な治療方針が期待できます。

いしい内科・糖尿病クリニックの持続皮下グルコース測定
当院の持続皮下グルコース測定(CGM)はフリースタイルリブレプロを使っています。

持続皮下グルコース測定(CGM)でできること

自己血糖測定(SMBG)よりさらに血糖値を見える化できる持続皮下グルコース測定(CGM)検査は、お腹などに専用のセンサーを装着して細胞の間質液中のグルコース値を連続して測定します。 簡単に装着できて、日常生活への影響はありません。また血糖変動を詳しくしることができるので、よりよい血糖コントロールが可能になります。

持続皮下グルコース測定(CGM)とは

二の腕などに専用のセンサを装着し、24時間連続で血糖の日内変動傾向とその傾向をみる検査です。血糖値そのものではなく、血糖値と近い動きをする間質液中のグルコース濃度を測定します。

新型の持続血糖測定器
血糖値の変動や夜間の低血糖の有無を知ることができます。
いしい内科・糖尿病クリニックの持続皮下グルコース測定
14日間まで測定することができ、全体の流れを中央値として知ることができます。
当院のCGMデータ いしい内科・糖尿病クリニック
高血糖の一方で、これまで見えなかった夜間の低血糖をとらえることができます。

CGMの装着について

■お腹などに専用のセンサを留置します。

■CGMは小型で防水性です。

■CGM検査中は、入浴など普段と変わらない生活を送ることができます。

■CGM検査後、血糖変動のデータはグラフで表示されます。

■24時間の血糖変動傾向を把握することができます。

※CGMは血糖変動の傾向を把握するためのものであり、血糖自己測定に代わるものではありません。

次のような方にCGM検査がおすすめです。

■HbA1cがなかなか改善しない方

■夜間あるいは無自覚性低血糖が心配な方

■血糖値が安定しない方

■食後や眠っているときの高血糖が心配な方

■インスリンを使用している方

■生活が不規則な方

■暁現象(明け方に血糖値が上がる現象)の改善のために血糖変動を把握したい方

一人一人に合わせた糖尿病治療を提案します いしい内科・糖尿病クリニック
inserted by FC2 system