糖尿病専門医と消化器病専門医のいるクリニック
中の橋斉藤クリニック
中の橋斉藤クリニック
盛岡で消化器内科のことなら「中の橋斉藤クリニック」へ。
 

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃酸が食道に逆流することにより胸やけなどの症状や食道に炎症が起こる病気です。

岩手県盛岡市で逆流性食道炎については「中の橋斉藤クリニック」へ。 逆流性食道炎 中の橋斉藤クリニックでは経鼻内視鏡検査を行っています。 逆流性食道炎 当科症例 中の橋斉藤クリニック
胃には酸から粘膜を守る防御機能が働いています。
しかし食道にはこの防御機能がないため、何らかの原因で胃酸が食道に逆流すると、食道粘膜は強い酸である胃酸にさらされて炎症を起こします。
また、胃酸によって活性化されたタンパク質分解酵素が食道を傷つけます。
胃から食道への逆流が繰り返し起こると、食道の粘膜にただれや潰瘍が生じ、胸やけや呑酸などの不快な症状が起こります。
これが「逆流性食道炎」です。

代表的な症状

♦胸やけ

胃液や胃の内容物が食道に逆流すると、胸のあたりに焼けるような不快な感じがする胸やけが起こります。

♦呑酸(どんさん)

のどの辺りや口の中が酸っぱい、胃の中身が逆流する感じがする

酸っぱい液体が口まで上がってきてゲップがでる「呑酸(どんさん)」という症状が現れることもよくあります。ひどい時は吐いてしまうこともあります。

♦お腹の張り

♦のどの違和感(イガイガ感、ひりひりなど)

逆流した胃液で、のどに炎症が起こり、違和感や痛みを感じることがあります。ひどくなると食べ物が飲み込みづらくなったり、声がかれたりすることもあります。

♦胃もたれ(重苦しい)

♦頻繁にげっぷが出る

♦よく咳き込む

咳や喘息が起こることがあります。逆流した胃液が、のどや気管支を刺激したり、食道の粘膜を通して神経を刺激したりして起こると考えられています。
逆流性食道炎の治療を行うと、喘息の症状が改善する患者さんもいます。

♦胃の痛み

治療

内視鏡検査で重症度判定を行い、胃酸を抑えるお薬を継続して内服することが主体となります。

●薬物療法

胃酸分泌抑制

プロトンポンプインヒビター(PPI)とよばれる酸分泌抑制薬を使用します。胃酸による刺激が抑えられ、非常に高い効果が得られます。

逆流性食道炎の治療は、継続することが大切です。

逆流性食道炎は、一度よくなっても、再発しやすい病気です。

なぜ治療が必要か?

治療により、さまざまな不快な症状が改善します。がんなどの病気の予防にもつながります。
胸やけなどの症状は不快なものですし、他の意外な症状が逆流性食道炎によって起きていることもあります。現在、逆流性食道炎に非常に効果的な薬があり、 ほとんどの方は、こうした薬で症状をなくすことができます。ただ、症状がなくなったからと自分の判断で治療をやめてしまうと、再発を繰り返すことが少なくありません。 不快な症状から解放され、再発しないようにするために、医師の指示を守って治療していきましょう。
また、逆流性食道炎を治療することは、食道の粘膜が胃の粘膜に変性するバレット食道、食道がんなどの合併症の予防につながると考えられています。 たとえはっきりとした症状を感じていなくても、逆流性食道炎の炎症の治療に取り組むことは大切なことです。
また、胸やけは、逆流性食道炎以外の病気でも起こることがあります。きちんと検査を受けて、他の病気がないか、確認することが大切です。

生活の中で心がけること

■食生活を改善しましょう

◆胃液の逆流を起こしやすい食べ物を減らす

脂肪分やタンパク質の多い食事をとりすぎないようにすることが大切です。

◆一度に食べすぎないように

◆寝る前に食べない

■アルコール、コーヒー、緑茶を減らしましょう

■肥満を解消しましょう

■姿勢に注意しましょう

■おなかを締めつけないようにしましょう

■禁煙しましょう

■寝るときには上半身を高くする

  

診療時間

  日・祝
9:30~13:00
14:00~17:00
備考 ただし、土曜日は午前9:00~12:00
「治療に優しさ、人生に安心を」 中の橋斉藤クリニック
inserted by FC2 system