糖尿病専門医と整形外科専門医のいるクリニック
中の橋斉藤クリニック
中の橋斉藤クリニック
脂質異常症、生活習慣病なら中の橋斉藤クリニックへ
 

脂質異常症について

脂質異常症とは

 血液中に‟悪玉コレステロール”や中性脂肪が多すぎることを、以前は「高脂血症」と呼び、動脈硬化症になりやすい病気としてきました。しかし、‟善玉コレステロール が少なすぎても同じように危険なので(1)悪玉コレステロール値が高い(2)中性脂肪値が高い(3)善玉コレステロール値が低い ことをまとめて「脂質異常症」と 名付けられました。

 脂質異常症は、それだけでは特に症状はありませんが、体中の血管の中で、動脈硬化と呼ばれる変化が起こります。動脈硬化が進行すると全身の動脈が硬くなり、 次第に血管の内側が狭くなって血液が通りにくくなります。

 心臓の血管が詰まった場合には急性心筋梗塞、脳の血管が詰まった場合には脳梗塞になり、生命を脅かします。

 近年、ライフスタイルの欧米化が進み、脂質異常症を診断される人が増え、それに伴って動脈硬化症の人が増えてきました。

コレステロールとは

 血液中には脂質として、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類があります。

コレステロールは、人の細胞膜や、消化吸収に必要な胆汁酸、ホルモンンのもとになる重要な物質です。

中性脂肪は、貯蔵用のエネルギーとなるほか、保温、外部からの衝撃を和らげたり、内臓を固定したりして、体内で重要な役割を果たしています。

しかし、これらの脂質が多すぎると問題になってくる場合があります。脂質異常症というのは、これらの脂質の中でも特に悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が 多すぎる、あるいは善玉(HDL)コレステロールが少なすぎる、などの状態を示す病気のことです。

脂質異常症は、大きく分けて

1.LDL(悪玉)コレステロールが多いタイプ:
高LDLコレステロール血症

2.HDL(善玉)コレステロールが低いタイプ:
低HDLコレステロール血症

3.中性脂肪(トリグリセライド: TG)が多いタイプ:
高トリグリセライド血症(TG血症)

の三つがあります。

脂質異常症の診断基準 内科、生活習慣病のことなら中の橋斉藤クリニックへご相談ください。

脂質異常症の原因と症状

脂質異常症の発症には、過食、運動不足、肥満、喫煙、アルコールの飲みすぎ、ストレスなどが関係しているといわれています。特に、お腹の中に脂肪がたまる 「内臓脂肪型肥満」の方は悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が多くなり、善玉(HDL)コレステロールが少なくなりやすい傾向があります。

また、遺伝的な要因によって起こる「家族性高コレステロール血症」と呼ばれているものもあります。このタイプは、遺伝性ではないものに比べて悪玉(LDL)コレステロール 値が著しく高く、動脈硬化が進行しやすいことが知られています。親や祖父母、兄弟など血のつながったご家族に脂質異常症や55歳未満(男性の場合)または65歳未満 (女性の場合)で心筋梗塞を起こした方がいる場合、家族性高コレステロール血症の可能性が高いため、まず、ご自身の悪玉(LDL)コレステロール値を確認してみましょう。

動脈硬化を進める最大の危険因子

動脈硬化という言葉はよくお聞きになると思います。すでに説明したように、悪玉コレステロールや中性脂肪が高い、あるいは善玉コレステロールが低いと、 動脈硬化を引き起こすことがありますが、動脈硬化とは実際どのようなことが起こるのでしょうか?

血液中にコレステロールなどの脂質が多い状態が続くと、血管の壁に余分な脂が沈着し、「プラーク」(粥腫(じゅくしゅ)、ここでの「粥」はおかゆのような状態のこと)と呼ばれる塊が作られます

こうした余分な脂は比較的短期間で血管壁にたまるため、柔らかくて壊れやすいのですが、時間の経過とともに血管の壁がどんどん分厚くなって、血管が詰まり やすい状態になります。このような、 血管の壁の変化を"粥状(じゅくじょう)動脈硬化"と呼んでいます。

不安定なプラークが破れると、破れた部分を修復するため、血液の成分の一つである血小板が集まり血栓ができます。

この血栓が大きくなって動脈を塞いでしまうと、血液はその先に流れなくなり、血流の途絶えた組織や臓器は壊死します。脳動脈が詰まれば脳梗塞、心臓の冠動 脈が詰まれば心筋梗塞、足の動脈が詰まれば急性動脈閉塞症を発症します。

脳梗塞や心筋梗塞は、日本人の死因の上位を占めています。このように、脂質異常症を放置すると、症状がないまま動脈硬化が進行し、生命の危険にさらされたり、後遺障害が起こったりするのです。

動脈硬化を進行させる因子は、脂質異常症以外に糖尿病、高血圧、喫煙、家族の既往歴などがあります。しかし、近年、脂質異常症は動脈硬化の危険因子の中でも最大の 要因であると言われています。

症状がないから、そのままにしておこう、ではなく、進行を防ぐために適切な治療を生涯続けることが大切です。

脂質異常症の治療(食事療法)

食事療法

食事療法のポイント

◆和食を多く取り入れる。

◆朝食,昼食,夕食を規則正しく。

◆なるべく腹八分目にする。

◆就寝前2時間は食べない。

◆ゆっくりよくかんで食べる。

◆早食い、まとめ食いはできるだけ避ける。

◆薄味にする。

◆外食はできるだけ控える。

 

❶コレステロールの摂取量は1日300mg以下にしましょう。

❷動物性の脂肪を減らし、魚や植物性の脂を多くしましょう。

❸アルコールは1日25g以下に。具体的には…ビールだと中瓶1本、日本酒の場合180ml、焼酎なら100ml程度、ワインは200ml程度。

❹食物繊維を多くとりましょう(食物繊維はコレステロールの吸収を抑えます)。

❺魚、大豆製品を多くとりましょう。

❻清涼飲料水や菓子類などの過剰摂取は控えましょう。

❼マーガリン、ショートニング(食用加工油脂の一種)、菓子類に含まれる悪い脂(トランス型不飽和脂肪酸)の過剰摂取は控えましょう。

体にいい脂をとりましょう

コレステロールが高い場合、コレステロールの摂取量が問題になりますが、摂取する脂肪の種類も、コレステロールや動脈硬化に 影響を与えるため大切です。食事中に含まれる脂肪の中でも、どんなものが体にいいのか紹介致します。

食事の脂質の主な成分は脂肪酸という物質です。脂肪酸には、悪玉コレステロールを上昇させる質の悪い脂肪酸(飽和脂肪酸)と、 逆に悪玉コレステロールを軽 度低下させる作用のある質の良い脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)があります。

質の悪い脂肪酸

飽和脂肪酸:動物性の脂肪...ラード(豚脂)、牛の脂、鶏皮、ベーコン、脂肪の多い乳製品、洋菓子、アイスクリーム、ココナッツ油などに多いです。

質の良い脂肪酸

不飽和脂肪酸:植物性の脂肪、魚類の脂肪...オリーブオイル、なたね油、ゴマ油、大豆油、青魚(サバ、イワシ、アジなど)などに多いです。

いずれも過剰摂取はカロリーオーバーになるので、注意が必要です。質の良い脂肪酸をとっている人はコレステロールが低いことが分かっていますので、 できる だけ質の悪い脂肪分は控え、質の良い脂肪酸を摂取して、脂質異常症をより改善させる食事へ工夫してみましょう。

トランス脂肪酸

脂質を高温で加熱したときや、マーガリンやショートニングのように植物油を加工したときにできるもので、牛、羊、山羊などの動物の肉や乳・乳製品にも少量 が含まれています。自然界の大半の脂肪酸(シス脂肪酸)とは異なった形をしています。

ショートニング

大量にとると、悪玉コレステロールを増やして善玉(HDL)コレステロールを減らしたり、動脈硬化のリスクを高めたりするといわれます。

継続が力...運動療法

毎日何らかの形で、体を動かすことは、身体的にも精神的にも好ましいことがはっきりしています。

たとえば、脂質に対しては、中性脂肪が低下し、HDLコレステロールは上昇します。このほか、血圧を低下させる、糖尿病の血糖コントロールがよくなる、さらに、うつ病の予防、がん予防、動脈硬化の予防など、さまざまな良い効果があります。

逆に、運動不足で体力、とくに持久力が低下している人ほど、動脈硬化が進みやすく、がんを含めあらゆる死亡率が高いことも分かっています。食事療法と合わ せ、脂質異常症治療の基本となりますので継続して行うことが肝心です。

最適な運動は有酸素運動です。1日30分程度(1週間合計180分以上)、毎日行うのが理想的です。

運動の強さは、心拍数110~120/分程度を目安に、ちょっときついけど続けられる、と感じる程度。くれぐれも無理は禁物です。

薬物療法

食事療法、運動療法を組み合わせても、脂質異常症が改善しない場合、内服薬での治療が必要になってきます。

(1)動脈硬化がすでに起こり、治療中の方 (2)糖尿病や高血圧、喫煙など、さらに動脈硬化が進みやすい環境にある方 (3)遺伝的に動脈硬化を起こしやすいことが分かっている方(たとえば家族性高コレステロール血症など)は、 LDLコレステロールや中性脂肪をより低下さ せねばなりません。こうした動脈硬化のリスクが高い患者さんでは、これ以上進行しないようにすることが非常に重要で、基本的には診断時から薬物療法が必要 になります。

近年、脂質異常症の患者さんが増え、コレステロール、中性脂肪を低下させる薬が、広く処方されるようになりました。これらの薬は脂質異常を改善させるだけ ではなく、一部の薬では動脈硬化の進行を直接、抑え、改善させる作用もあることが分かってきています。

現在処方される薬には次のものがあります。
HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)
肝臓でのコレステロール合成を抑え、LDLコレステロールを強力に低下させ、中性脂肪も低下させます。
小腸コレステロールトランスポーター阻害薬(エゼチミブ)
腸内でコレステロールが豊富な胆汁酸の再吸収を抑制することにより、コレステロールを低下させます。
フィブラート系
主に肝臓で中性脂肪が作られるのを抑える薬です。LDLコレステロール値を低下させたり、HDLコレステロール値を上昇させたりする効果もあります。
ニコチン酸系
ビタミンの一種で、肝臓で中性脂肪が作られるのを抑えます。また、HDLコレステロール値を上昇させる効果もあります。
EPA(エイコサペンタエン酸)
青魚に含まれる成分(不飽和脂肪酸)から作られた薬で、中性脂肪値を下げる効果があります。また、血液をサラサラにする効果もあります。
陰イオン交換樹脂(レジン)
腸内でコレステロールが豊富な胆汁酸と結合して、コレステロールを便中に排泄させ、低下させます。
  

診療時間

  日・祝
9:30~13:00
14:00~17:00
備考 ただし、土曜日は午前9:00~12:00
中の橋斉藤クリニック
inserted by FC2 system