岩手県盛岡市 糖尿病専門医がいるクリニック
自己血糖測定のススメ

自己血糖測定のススメ

 

何を食べたら血糖はいくつまであがるのか。運動したらどこまで下がるのか。それを知ることで血糖コントロールは変わります。「これくらいは食べてもだいじょうぶ」「食べた分はこれくらい運動すれば消費できる」などの目安ができるので、安心して食べることができるようになります。
 現状ではインスリンを使っている方にしか保険適応になりません。そのため費用はかかります。それでも下手に薬を使うよりは経済的です。なにより健康的なコントロールを目指せます。ぜひお試しいただきたい方法です。

インスリン治療中の方は保険診療で自己血糖測定が行えます。

食事療法のみ・あるいは飲み薬での治療の方でも、自費購入で自己血糖測定器がお求めいただけます。

※インスリン治療を行っていない方は自費での購入となります。

自己血糖測定器

「自己血糖測定器」という、患者さんが自分で測定する専用の機器があります。指先からほんの少しだけ血液を出すだけで、測定することができます。
家庭でも血糖値がきちんとコントロールできているかチェック可能ですので、血糖自己血糖測定器を活用しましょう。

いしい内科・糖尿病クリニックの自己血糖測定器
当院の自己血糖測定器はグルテストNeoアルファを使っています。

穿刺器具を指先などに刺し、血液を出します。それを測定器につけると、モニターに血糖値が表示されます。現在では穿刺器具(針)はとても細く、痛みも少なくなるように配慮されています。

血糖を測るメリット

 自分で血糖を測ると、いろいろなことが見えてきます。ひとつひとつの行為が血糖に及ぼす影響、病状との関係などなど、理解が深まるにつれ、治療にフィードバックする内容も充実してきます。
 その結果、血糖のコントロールが一段と向上し、短期的には低血糖やケトアシドーシスなど急性の合併症の回避、長期的には網膜症や腎症など慢性合併症の発症や進展の防止など、さまざまなメリットが得られるようになります。

特にこんな患者さんに有効です

■インスリン注射を行っている方

■血糖値が不安定な方

■糖尿病以外の病気にかかったとき(シックデイ)

■妊娠中や妊娠を希望する方

当院の自己血糖測定器:グルテスト Neo アルファ

いしい内科・糖尿病クリニックの自己血糖測定器
カラー液晶により血糖値が見やすく表示されます。インスリン治療を行っていない方でも、自費購入でお求めいただけます。

自費購入での血糖測定器の費用
本体(グルテストNeoアルファ):¥5,400、センサー 1枚¥100
指先への穿刺器具 本体(エースレット):¥2,000、針(25本入り):¥550

最新の血糖測定器も導入しました:フリースタイルリブレ

痛くない新型血糖測定器
腕につけたセンサーにかざすだけで血糖値(厳密には皮下間質液のグルコース濃度)が表示されます。

痛くない新型血糖測定器 腕にセンサーをつけるだけ

 新しいタイプの持続血糖測定器が当院で使えるようになりました。五百円玉程度のセンサーを二の腕などに貼りつけると、痛みなしに24時間、2週間分の血糖を測定し続けられます。
 血糖値が知りたいときに、本体をセンサーに近づければ、非接触で血糖値(厳密には皮下間質液のグルコース濃度)を表示してくれます。
 服の上からでも構いません。また、入浴や運動にも支障はありません。

※保険診療で行うには、指先での自己血糖測定も行う必要があります。

フリースタイルリブレを自費購入でもお求めいただけます。
本体(フリースタイルリブレ):¥8,000、センサーパッチ(最大14日間使用可能) 1個¥8,000、指先での自己血糖測定センサー 1枚¥100
受付までお気軽にお申し付けください。

深い専門性で、確かな治療を提供します。 いしい内科・糖尿病クリニック
inserted by FC2 system