岩手県盛岡市 糖尿病専門医のいるクリニック



花粉症について詳しく説明するページ いしい内科・糖尿病クリニック

花粉症について

花粉症について 【盛岡市】 いしい内科・糖尿病クリニック

花粉症の際は耳鼻咽喉科にかかる方が多いと思いますが、当院でも花粉症の診療が可能です。毎年、花粉症の症状にお悩みの方、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

花粉症とは

花粉症とは、花粉によって引き起こされるアレルギー症状で、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの特徴があります。 原因となる花粉が飛散する時期にだけ症状が現れるため、季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれています。日本では約20%の人が花粉症にかかっていると推定されています。

花粉症の原因

季節性アレルギー性鼻炎の原因は、スギなどの花粉によるものがほとんどです。日本中にスギが植林され、昭和50年代に入ると急激に増加しました。

花粉症の症状

主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみです。それ以外にも、のどの異物感やかゆみ、流涙(なみだめ)、頭痛などの症状が出ることもあります。

花粉症の検査

花粉症の原因物質を特定するために、血液検査を行うこともあります。血液中のIgE抗体量と、原因となっている花粉の種類を特定します。通常は原因となりやすいスギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどを検査します。

花粉症の診断

症状、経過から診断します。血液検査のIgE抗体量(スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ)を調べて診断することもあります。

花粉症の治療

くしゃみ、鼻汁、鼻づまりに対しては、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を処方します。最近の抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬は、眠気が少なく、1日1回の内服でコントロールできるものが増えています。鼻汁、鼻づまりが強い場合は点鼻薬 を使用します。

当院では処方は基本的には院外処方ですが、下記の院内処方も可能です。お気軽に申し付けください。

いしい内科・糖尿病クリニックで抗ヒスタミン薬の院内処方が可能です。
いしい内科・糖尿病クリニックでは抗ヒスタミン薬(ネオマレルミン 2mg)の院内処方も可能です。
いしい内科・糖尿病クリニックで抗ヒスタミン薬の院内処方が可能です。
いしい内科・糖尿病クリニックでは抗ヒスタミン薬(エピナスチン 10mg)の院内処方も可能です。
病態に合わせてお薬を処方します いしい内科・糖尿病クリニック
inserted by FC2 system