糖尿病専門医と整形外科専門医のいるクリニック
中の橋斉藤クリニック
中の橋斉藤クリニック
盛岡市で内科、糖尿病、消化器診療なら「中の橋斉藤クリニック」
 

シックデイ、低血糖について

シックデイについて

 シックデイとは、糖尿病患者さんが治療中に風邪や発熱、下痢、吐き気などで体調不良になったり、食欲不振で食事ができない状態のことをいいます。

シックデイでは血糖値の変動が大きくなります。

 シックデイでは、各種のストレスホルモンや炎症性の物質が増加し、血糖値は上昇します。一方で、吐き気や食欲低下などによって食事が摂れないと、経口薬 やインスリンの影響で低血糖になることもあります。吐き気や下痢の持続によって脱水症などをもたらされると、状態をさらに悪化させることになります。

シックデイについて正しい知識と対応が必要

 シックデイでは血糖値の変動が大きくなるため、通常の薬物治療とは異なる特別な対応が必要となります。特に高血糖の持続は感染症の悪化や脱水を招き、 1型糖尿病の場合ではケトアシドーシス、2型糖尿病の場合では高血糖高浸透圧昏睡の引き金ともなるため、シックデイについてのしっかりとした知識と正しい対応が 必要です。

水分、食事のとり方

 急性の病気になったら、脱水を予防し、必要最低限の栄養を炭水化物で摂取することが重要となります。炭水化物の不足はケトーシスを増悪させるので、エネルギーは 炭水化物で摂取することが基本ですが、過剰な摂取は高血糖を招きますので注意も必要です。
 具体的には1日に水分1500ml以上を摂取します。1回100~150mlを小まめに摂取することが大切です。嘔吐や下痢がある場合は、ミネラル類も不足し、脱水も高度に なります。ミネラルを補うために野菜スープもおすすめです。

低血糖について

 低血糖とは、血糖値が下がりすぎ、さまざまな症状を生じる状態です。中枢神経系(脳)のエネルギーはもっぱらブドウ糖に依存しているため、血糖値の低下 が進むと脳の働きが低下します。ただし、そこに至る前に警告症状と呼ばれる症状が現れるので、低血糖が進行する前にそのような症状を自覚し、正しく対処すること が重要です。

  

診療時間

  日・祝
9:30~13:00
14:00~17:00
備考 ただし、土曜日は午前9:00~12:00
中の橋斉藤クリニック
inserted by FC2 system