岩手県盛岡市 消化器内視鏡専門医のいるクリニック


大腸内視鏡検査

大腸カメラによる検査について|いしい内科・糖尿病クリニック

●大腸カメラに関するお知らせ

    当院でも大腸内視鏡検査が検査可能となりました。鎮静下(眠った状態)で検査をうけることもできます。

苦痛の少ない大腸カメラを心がけています

いしい内科・糖尿病クリニックでは、内視鏡の専門医として、大腸癌で死亡する人を一人でも少なくすることを目標としています。
そのために「いかに楽に検査ができるか」ということを重要視し、大腸カメラを行っています。

硬さを調節できる内視鏡で検査するので、腸への負担の軽減が期待できます。

表面を拡大して観察できる機能もあります。

いしい内科・糖尿病クリニックの内視鏡室 いしい内科・糖尿病クリニックではオリンパス社の内視鏡で検査を行います。 日本消化器内視鏡学会専門医による検査を行います。

大腸カメラの受け方

3日前から

●消化の悪い食べ物は控えるようにしましょう。

例)ワカメ、昆布など海藻類、キノコ類、トマト等種のあるもの

大腸内視鏡検査前の食事の注意事項|【3日前から】●消化の悪い食べ物は控えるようにしましょう。例)ワカメ、昆布など海藻類、キノコ類、トマト等種のあるもの|いしい内科・糖尿病クリニック

夕食後に下剤(センノサイド)2錠をコップ1杯以上の水で服用してください。


前日

●夕食は8時までにすませてください。水分はとってもかまいません。

夕食後に、センノサイド2錠とピコスルファートナトリウム1本をコップ1杯の水で服用してください。


検査当日(自宅での注意事項)

●朝食は食べないでください。水分(水、お茶)は飲んでもかまいません。

薬を服用している方は起きたら早めに服用してください。
普段内服している薬(高血圧の薬など)は、普段通りに内服してください。
ただし、糖尿病薬やインスリン注射は中止して検査にお越しください。

検査当日の注意点●朝食は食べないでください。水分(水、お茶)は飲んでもかまいません。●普段内服している薬(高血圧の薬など)は、普段通りに内服してください。ただし、糖尿病薬・インスリン注射は中止して検査にお越しください。|いしい内科・糖尿病クリニック

●いしい内科・糖尿病クリニックでは、腸をきれいにする水薬(腸管洗浄液)は自宅で服用していただきます。

腸の中をきれいにするための腸管洗浄液(サルプレップ)を2時間かけて飲んでいただきます。

おなかをマッサージしたり、体を動かしたり、歩き回ると排便の効果があります。
便意がなくても何度もトイレに行きましょう。

●鎮静(眠った状態での検査)で検査を受ける方は、車は自分で運転せず、ご家族の送迎か公共交通機関で来院してください。


来院してから(いしい内科・糖尿病クリニックでの準備)

便がきれいにならない場合は、腸管洗浄液(サルプレップ)を追加で飲んでいただく場合があります。

当院に来院してから、検査着と検査用のパンツに着替えていただきます。

●腸の運動を止める薬(ブチルスコポラミン:鎮けい剤)を注射していただきます。

検査後

鎮静下(眠った状態での検査)で検査を受けた方は、お薬で目を覚ましてから結果をご説明します。

●検査終了後はすぐにお食事が可能です。


●検査終了後、テレビモニターを使ってすぐに結果をお伝えいたします。|いしい内科・糖尿病クリニックの内視鏡検査



徹底した衛生管理

ガイドラインに準拠し、内視鏡検査一件ごとに手洗いと内視鏡洗浄機にて確実に消毒・洗浄をしています。

「人にも、腸にも優しく」 いしい内科・糖尿病クリニック
inserted by FC2 system