岩手県盛岡市 肝臓専門医のいるクリニック



岩手県盛岡市で糖尿病、肝臓内科の診療を行っています。いしい内科・糖尿病クリニック

健康診断で肝機能異常と言われたら

健康診断で肝機能障害を指摘されたら

健康診断で肝機能の異常を指摘された場合の当院の対応について、ご案内します。
日本肝臓学会専門医(石井基嗣医師)が診療しています。

①肝炎ウイルスの検査

まずB型肝炎C型肝炎かどうか調べます。

肝機能に異常があればまずB型肝炎C型肝炎がないかどうかを調べることが大切です。

肝炎ウイルスが原因の肝疾患か、非ウイルス性の肝疾患であるのかを調べるのがまず検索の第一歩です。
わが国の慢性肝疾患の約7割がウイルス性肝疾患ですから、肝機能に異常がみられたらまず肝炎ウイルスの有無を確認しておく必要があります。

いしい内科・糖尿病クリニックでは毎年6月下旬~10月末まで肝炎ウイルス検診を行っていますし、保険診療ではいつでも肝炎ウイルス検査が可能です。

②アルコールの摂取量、飲んでいる薬、輸血歴を聞きます

B型、C型肝炎ウイルスが肝機能異常の原因ではない場合、その他の検査が必要になってきます。

肝機能異常で意外に多いのが、薬剤による肝障害です。風邪薬を2,3日飲んだだけでも肝機能障害が起こることがあります。
そのほか飲酒の有無や、アルコールの量を伺います。

③脂肪肝の有無を調べます

「脂肪肝なんて」と軽く考えてはいけません

いしい内科・糖尿病クリニックの腹部超音波検査
脂肪肝は長期間無症状ですが、気が付かないうちに脂肪肝から慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんへ進行する場合があり、要注意です。
いしい内科・糖尿病クリニックでは腹部超音波検査で脂肪肝の有無を検査しています。

④自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎について

自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎とは、本来ウイルスや細菌などの異物を攻撃して体を守るために働く免疫機能(自己免疫)に何らかの異常が起こり、自分の肝細胞を異物と勘違いして攻撃してしまう肝疾患です。
はっきりとした原因は分かっていませんが、ウイルスや薬物、妊娠、出産などの関連が考えられています。

原発性胆汁性胆管炎

原発性胆汁性胆管炎とは、中年以降の女性に多く見られる、肝臓内の細い胆管を体内の免疫が破壊してしまう肝疾患です。
胆管が破壊されると胆汁の流れが悪くなり、肝臓内に炎症が起こります。
炎症が進行すると肝硬変や肝不全になることがあります。

⑤肝腫瘍がないか

肝臓がんなどの腫瘍がないかどうか調べます。
いしい内科・糖尿病クリニックでは腹部超音波検査で画像診断を行っています。

精密検査が必要な場合、単純CTは岩手県予防医学協会、造影CTは岩手県立中央病院で検査を行っています。
※岩手県予防医学協会の検査は当院からの無料の送迎があります。

⑥胆道系の異常はないか(胆石など)

いしい内科・糖尿病クリニックでは腹部超音波検査で胆石の有無を調べることができます。

いしい内科・糖尿病クリニック
inserted by FC2 system