糖尿病専門医と消化器病専門医のいるクリニック
中の橋斉藤クリニック
中の橋斉藤クリニック
消化器内科、肝臓疾患のことなら、中の橋斉藤クリニックにご相談ください。

脂肪肝・脂肪肝炎について

脂肪性肝疾患とは

 肝細胞に脂肪(中性脂肪)が沈着して肝障害を引き起こす病態を脂肪性肝疾患といいます。肝臓の組織で、脂肪滴を伴う肝細胞が30%以上 認められる場合を脂肪肝といいます。脂肪肝は、以前はアルコールによるものが多かったのですが、糖尿病や肥満などの増加とともに、飲酒歴はないが アルコール性肝障害に類似した脂肪性肝障害がみられる病態をまとめて非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と呼ぶようになりました。NAFLDは進行せず 良性の経過をたどる単純性脂肪肝と、肝硬変、肝がんへと進行する可能性のある非アルコール性脂肪肝炎(NASH;ナッシュと呼びます)が存在します。

NASH発症のメカニズムは?

NASH発症のメカニズムは現在も不明の点が多いのですが、ここでは現在最も広く受け入れられている仮説を紹介します。

“二つのヒット理論”

第一のヒット
脂肪の過剰摂取などによって肝臓に脂肪が蓄積し, 脂肪肝になります。
第二のヒット
脂肪肝に脂質過酸化やサイトカイン、鉄などの酸化ストレスが加わりNASHに至ると考えられています。

脂肪肝の原因

 脂肪肝の原因としては大きくアルコール性のものと非アルコール性のものに大別されます。さらに非アルコール性の原因としては、肥満、糖尿病、 脂質異常症、一部の薬剤、栄養障害などがあげられます。‟アルコール多飲によるものではない”ことの具体的な目安は、1日のアルコール摂取量が20g以下 であることです。

アルコール量20gとは?

(例) 缶ビール(500ml) 1本、日本酒 1合、ウイスキーダブル 1杯

脂肪肝・脂肪性肝炎の診断

 脂肪肝・脂肪性肝炎の正確な診断には肝臓の組織を調べる肝生検を行います。しかし、肝臓の組織を検討するには、肝臓に針を刺して組織を採取しなければならず、 この検査は患者さんに侵襲を伴うため、簡単には施行できません。そこで当院では痛みがなく、間接的に脂肪肝の有無を簡単に診断する検査として、腹部超音波(エコー) 検査を行っています。
超音波検査室

腹部エコー
痛みがなく、脂肪肝の有無を簡単に診断する検査として、腹部超音波(エコー)検査があります。

脂肪肝の超音波画像(当院)

 エコー検査で見ますと正常の方では、楕円形に見える右腎臓の外側の部分の黒さと肝臓の黒さはほとんど同じ程度ですが、脂肪肝になると肝臓が白く見えるようになり、 その部分の黒白の差(医学用語では肝腎コントラスト)が明らかとなって脂肪肝と診断できます。

脂肪肝・脂肪性肝炎の治療

特効薬はまだありません。

❶生活習慣の改善
NASHの治療の原則は食事療法、運動療法などの生活習慣の改善により、背景にある肥満、糖尿病、脂質代謝異常、高血圧等を是正することです。

❷薬物療法
生活習慣の改善のみでは効果が不十分の場合は、肝硬変への進展や肝発癌を予防するために薬物療法を行います。
抗酸化剤:ビタミンC、ビタミンE
糖尿病治療薬:チアゾリジン系薬剤、ビグアナイド系薬剤など
肝庇護剤:ウルソ、グリチルリチン

  

診療時間

  日・祝
9:30~13:00
14:00~17:00
備考 ただし、土曜日は午前9:00~12:00
中の橋斉藤クリニック
inserted by FC2 system